千葉で家族葬を行いたい方へわかりやすく説明します

葬儀にもいろいろなタイプがありますが、オーソドックスなものは一般葬という呼び名で通用しています。一般葬の場合には、通夜と告別式が分かれていて、参列者としても、家族や親族のほか、地域、学校、会社などの、亡くなった人との縁があった人をすべて含めるのが通例になっています。いわば、できるだけ豪華な葬儀をもって、亡くなった人を見送るスタイルともいえますが、費用的にも相当な負担になるほか、心がこもった葬儀とするのには、いささか形式的に過ぎる面があることも確かです。このような一般葬に対して、最近では家族葬と呼ばれる葬儀のプランも流行しています。千葉県をはじめ、関東地方では特にポピュラーになってきており、葬儀社でもそれぞれ独自のプランを用意しているところが多くみられます。

家族葬とはどのようなスタイルなのか

千葉県内でも執り行われることが多くなった家族葬ですが、これは文字を見てもあきらかなとおり、亡くなった人の家族と、その親戚、さらには亡くなった人と生前に親交があった友達程度の人を招いて行う、小規模な葬儀を指しています。このメンバーであれば、参列者の総数としては、だいたい10人程度から、多くても40人、50人程度までの範囲にはおさまるはずです。一般葬では100人、200人程度は参列が見込まれることに比べると、そのスケールがイメージできます。葬儀の内容そのものは、一般葬ともあまり違いがないことが多く、通夜と告別式は別にあり、僧侶を招いて読経をしてもらったり、参列者が焼香をするところまでは同じといえます。ただし、プランに応じて、亡くなった人の面影を伝えるホームビデオを流したり、好きだった楽曲を演奏したりするなどの演出があることもあります。

一般葬と比較した場合のメリット

千葉県内での一般葬と比較したときのメリットですが、まずは費用面での負担が少ないことが挙げられます。参列者が少なく、会場や祭壇の準備がシンプルで済むところから、料金も一般葬の半分からそれ以下となるのが普通です。プランもいくつか葬儀社のほうで設定していることがほとんどであり、よりリーズナブルなプランを選択すれば、40万円程度でも立派な葬儀が営めます。また、葬儀を心のこもったものにするという意味でのメリットもあります。参列者は亡くなった人と親しい間柄の人に限定されるため、形式的なあいさつや振る舞いにこだわらないで、共に冥福を祈ることができます。一般葬では難しいような演出によって、亡くなった人が生前にみずからの葬儀に対して抱いていた願いを叶えることも容易です。

当社はお急ぎの方に対しても安心して頂ける24時間対応をご用意しております。 生花祭壇に関しましては今までの実例の写真を分かりやすいよう掲載させて頂いておりますので是非ご参考にして下さい。 お見積り・資料請求に関しましてはメールにてお伺い致します。 急なご葬儀が必要になってしまったお客さまでもしっかりと対応させていただきます。 千葉で家族葬をお考えの方へ