徹底リサーチ☆形成外科in仙台

TOP > いい形成外科とは~仙台編~ > 広義の意味で美容整形は形成外科に含まれる

広義の意味で美容整形は形成外科に含まれる

一般人の場合、形成外科というのはあまり聞き慣れないといいます。
むしろ、広く知られているのは整形外科であり、それは、美容整形などの高度な美容医療を提供する病院であるということは、一般人の間でも認知が広まっています。
そこで、実際の形成外科の医師の視点から見ると、広義の意味で美容整形などの整形外科は形成外科に含まれるといいます。
ただし、具体的には提供する医療に少し違いがあるといいます。
仙台の整形外科では、体の欠損や外傷の手術を行います。
例えば、火傷で皮膚がケロイド状になってしまった時に、駆け込むのは整形外科ではなく、形成外科になります。
仙台市内にも形成外科を専門に掲げるクリニックは多く、東北の中心部であるということがわかります。
大きな病院の中に入っていることもあります。


最近では、開業医として形成外科を専門に診る診療クリニックも増えているといいます。
内科などに比べると専門医が少ないため、地方都市ではこの分野の意志が不足しています。
しかし、大都市である仙台ともなると、形成外科も少なくないようです。
他の病院から紹介されて転院してくる患者も多く、病状も手術で治療ができるケースも多いといいます。
ここで、美容整形外科と大きく異なる点は、形成外科の場合は美容医療ではないことから、基本的に保険診療を受けられます。
火傷や外傷に関しては、その状態にきちんと病名が付けられています。
病名がついていれば、それは病気であることから、保険での治療は可能となります。
しかし、美容整形の場合、それは病気ではないので病名がついていません。
また、その状態も正常な場合がほとんどです。


このように、形成外科と美容整形外科には大きな違いが見られます。
それでも、形成外科の医師の目を通してみると、美容整形外科は形成外科に含まれるという考え方が強いです。
実際、大きな病院では2つの診療科を一緒に扱っているところが多く、便宜上広く患者を診察しているところが少なくありません。
形成外科では、外傷のみならず、ほくろなどの手術や先天性の口唇裂や耳介変形などの手術も行っています。
このことからわかるように、診療内容というのは形成外科と整形外科には多くの共通点が見られるのです。
医師の判断に加えて、患者の訴えによって病気であると認められることで、手術が行われることになります。
手術を受けることによって元通りになることから、生活面で苦痛を感じたりする事が減り、安心して日常生活を送ることができるようになります。

ページトップへ