思い出に残る千葉での家族葬について説明しています

わが国ではこれまでのような大家族は見られなくなり、少子化、核家族化が進んでいます。これは人生の終わりの儀式としての葬儀の在り方にも、大きな影響を与えています。葬儀でイメージすることといえば、会社や地域から大勢の人々が集まって、亡くなった人を見送るというものですが、最近では、できるだけ小規模に済ませることも増えています。千葉県内、広く言えば関東一円でも例外ではなく、亡くなった人の家族を中心とした家族葬とよばれる形態が注目を集めているところです。このようなタイプの葬儀は、もちろん、取り扱いをしている葬儀社が限られてはいるものの、気心が知れた間柄の人たちだけが集まる特徴から、比較的自由に進行次第や内容などを決めることができるメリットがあります。

身内を中心に小規模に行う葬儀のプラン

千葉県内で盛んになってきている家族葬ですが、明確に定義されてはいないものの、基本的には家族を中心とする身内だけで行う、小規模なタイプの葬儀プランのことを指しています。ただし、文字通り純粋に家族だけで行うというよりも、むしろ親戚や亡くなった人とは生前にかなり親しい交流があった友人などにも参列を呼びかけるのが普通です。このため、これまでからある密葬とは、内容的に重なる部分はあるものの、趣旨がかなり異なっています。すなわち、亡くなった人との血縁関係を重視するのではなく、生前の交流の度合いによって、参列者としてふさわしいかどうかを判断する傾向がみられます。葬儀に参列するのは、いずれも気心が知れた間柄の人だけとなり、心のこもった供養をすることが可能になります。

これまでの葬儀にはない演出をすることも

千葉県内で行われている家族葬の実例を見ると、これまでの葬儀には見られないような演出を行っていることがあります。大勢の参列者を集めるこれまでのような葬儀では、形式やしきたりが優先されてしまうため、なかなか亡くなった人、あるいは喪主が思い描く内容での葬儀が行いにくいデメリットがありました。しかし、参列者が限定されている家族葬であれば、あまり形式にとらわれる必要がありません。このため、亡くなった人が生前に大好きだった楽曲をピアノで演奏したり、趣味のクラフトや絵画などの作品を展示する演出などが行われることがあります。これらは形式的な葬儀をするよりも、むしろ参列者にとっては亡くなった人を偲ぶのにふさわしいものであり、いつまでも思い出に残る葬儀となります。