家族葬を千葉で行うための価格相場を説明しています

葬儀を執り行うにあたっては、かなり高額な費用が必要となってきます。一般的な葬儀の場合であれば、平均して200万円程度は準備しておかなければならないというのが実情です。もちろん、葬儀には地元の人々、会社の人々をはじめとして、多くの参列者が弔問に訪れることから、香典によってある程度はカバーすることが可能です。しかし、よほど参列者が多くないかぎりは、香典だけでは足りない部分が出てきます。費用が足りない場合、まずは喪主をつとめた人から、さらに足りなければ家族や親族でお金を出し合って、その穴埋めをしなければならず、大きな負担となることは間違いありません。最近話題の家族葬であれば、経済的にもリーズナブルな部分があるため、一般葬のような大きな負担は避けられます。

千葉県内で執り行う場合の価格相場

千葉県内で家族葬を執り行う場合の価格相場についてですが、基本としては、100万円程度までの範囲内と考えればよいでしょう。実は家族を主体とするシンプルな葬儀であっても、それにはいくつかのプランが用意されています。このプランについてですが、たとえば遺影の写真の大きさ、写真を入れる額の枠の豪華さ、祭壇の大きさや生花の本数、棺や納骨器の種類などに違いがあるのが普通です。当然ながら、数あるプランのなかでも、大きさが他に比べて大きいもの、豪華さが際立っているもののほうが価格的には高額になっていて、100万円に近いレベルの料金になります。よりグレードを低くしたものであれば、30万円、40万円前後から執り行うことも可能ですので、予算にあわせて検討することがたいせつです。

火葬式のような選択肢もありうる

千葉県内での家族葬は、一般葬との比較において、料金的にはかなりリーズナブルではあるといっても、まだ費用的には高額に感じてしまう場合もあるでしょう。特に、もともと参列者が少なく、香典による収入も期待できないことを踏まえると、年収が少ない家庭の場合には、より料金の低いプランを探さざるを得ないこともあります。このような場合、火葬式とよばれるプランを取り扱っている葬儀社もありますので、スタッフに相談をして、見積もりをしてもらうのが得策です。火葬式は、火葬だけのシンプルな葬儀のプランで、生活保護世帯の場合や、亡くなった人が生前からシンプルな葬儀を求めていた場合などに用いられます。火葬式をする場合の相場としては、最低ラインで10万円台、20万円台のものがあります。