千葉で行う家族葬と一般葬との価格の比較をしています

葬儀とはいっても、参列者の数をはじめとして、祭壇のグレード、場所などによっても、その価格には大きな開きが生まれてしまいます。それぞれの地域にある葬儀社では、予算などの要素を踏まえて、いくつかのグレードにしたがったプランを準備しており、そのプランごとに料金が決まるのが一般的です。それとともに考えなければならないのは、葬儀の形式を一般葬にするのか、それとも家族葬にするのかというところです。家族葬は比較的新しく誕生した葬儀のありかたですが、千葉県をはじめとした関東地方では、世間的にも認知されるようになってきています。この形態では参列者をごく少数に絞り込んでいるのが特徴で、その結果として式場は小さくて済むため、予算の面でもリーズナブルといえます。

一般葬をする場合の料金の相場とは

一般葬は、伝統的に地域で行われてきた葬儀とイコールと考えてよいものですが、これは地域によってかなり料金の違いが生じることがあります。しきたりや風習によって、特別に豪華な祭壇を用意するなどの事情がある地域は別として、大まかにいえば、首都圏で行われる場合には、葬儀にたずさわる人の人件費などの関係から、他の地域よりも料金が高額になってしまうことがほとんどです。平均的なところとしては、千葉県のような首都圏での一般葬の場合、200万円から300万円に満たない程度の価格までは見ておいたほうがよいとされています。全国的にも、200万円程度というのは、ある種の妥当な価格帯ということができ、基本的には参列者の香典などによる収入をもってまかなうべきですが、それで足りない場合は喪主や親族の自己負担となります。

家族葬は料金的にもリーズナブル

千葉県内に限らないことですが、家族葬は、家族を主体として、親戚一同や亡くなった人との生前の交流が深かった友人知人だけを参列者として行う、ごく小規模な葬儀を指しています。そのため、まず式場はそれほど面積を必要としないことから、使用料が少なくて済むという特徴があります。祭壇についても、式場の広さに合ったコンパクトにまとめられたものがあればよいため、やはり料金的には割安です。このような特徴から、料金の相場としては、基本のプランでも100万円以内となっています。祭壇などのグレードや参列者の人数、その他のオプションの設定の有無によっても、実は細かくプランと料金は分かれていますので、実際には低価格のものであれば30万円、40万円程度からでも執り行うことは可能になっています。