千葉で行う一般葬と家族葬の内容の違いを説明しています

実際に葬儀を行うにあたっては、経験や実績のある地域の葬儀社に依頼をすることになりますが、このなかでは喪主がいくつかのプランのなかから予算や内容に応じた選択ができるようになっているのが普通です。プランのなかでも大きな種類として、一般葬と家族葬という括りがあります。どれほどの予算でできるのかについても違いがあるのは当然ですが、むしろ、葬儀の参列者の範囲と、葬儀の意義やコンセプトの置き所のほうに、大きな違いがあるといえます。首都圏のなかでも千葉県内であれば、葬儀社の数が豊富なため、あまり心配をする必要はありませんが、両方のプランを取り扱っている葬儀社は、一般的にいって多くはありません。最初の段階で、どの葬儀社を選ぶのかも、実は重要になってくることがあります。

一般葬とはどのようなプランを指すのか

千葉県内で行われる一般葬というのは、文字通り、これまでに伝統的に行われてきた流れや内容を踏襲した葬儀のプランのことをいいます。基本的には仏教式で、通夜と告別式にわかれており、それぞれに導師による読経があり、参列者は霊前で焼香をするのがきまりになっています。葬儀に参列する人についても、家族や親族のような身内は当然として、亡くなった人が勤めていた会社の人、マイホームがある地域の隣人や自治会の人、学校の同窓の人など、幅広い分野に呼びかけて来てもらうのが通例になっています。これは他の形式と比較した時の大きな違いです。そのため、本来であれば亡くなった人を偲んで別れを交わす場であるにもかかわらず、ともすれば形式的になりやすい傾向があります。参列者にとってみても、あわただしく時間が過ぎるだけで、あまり思い出には残らない結果に終わってしまいます。

最近の家族葬の内容と一般葬との違い

千葉県内でも近年よく行われるようになっている家族葬ですが、一般葬と比較すると、実は内容の面ではあまり差異がないことがほとんどです。通夜や告別式があり、読経や焼香もひととおり行うのは、やはり一般葬と同様で、参列者の服装なども、地味なダークスーツのような喪服を着用するのが普通です。決定的な違いがあるところとしては、参列者の顔ぶれが挙げられます。家族葬の場合には、亡くなった人の家族が中心なのはもちろんですが、そこに親戚や、亡くなった人と親しくしていた友人が含まれるのが普通です。逆にいえば、それ以外の、あまり親しくはない、形式的、儀礼的な関係にとどまっていた人には、参列を遠慮してもらうことになります。そのため、亡くなった人のことを偲ぶという、本来の葬儀の趣旨を徹底しやすくなります。また、場合によっては、亡くなった人が好きだった音楽をかけたり、生前のビデオを上映するなど、形式に縛られずに自由に哀悼の気持ちを表現する演出が行われることもあります。